デビットカードとクレジットカードの違い

スポンサーリンク

デビットカードとクレジットカードの違いについて

クレジットカードとデビットカード違いがよくわからない方も多いと思います。ただ、現金なしでお買い物ができるという点では、デビットカードもクレジットカードも非常によく似た決算システムと考えて良いです。

 

 

VISAデビットカードであるならば、世界中のVISA加盟店(2400万以上)で現金なしで商品を購入し利用することができます。むろん世界200カ国以上のVISAが運営するCD/ATMであなた自身の口座から現金通貨を引き出すことができます。

 

では違いは何でしょうか?

それは、クレジットカードが後払いなのに対して、デビットカードの場合にはあなたがショッピングをしたと同時に口座残高から即時決済が行われます。つまり、デビットカードを使うときには口座に残っている金額の範囲内でしか利用ができないということになるのです。

 

 

クレジットカードとデビットカードは、決済時に販売者が信用照会端末を通じてオンラインでクレジットカードが利用できるのか?デビットカードが利用できるのか?をチェックします。

 

 

デビットカードの場合は、実際にあなたの口座の残高が信用照会の時に確認されるわけです。もし決済時に商品金額より少ない金額しか口座になかったらデビットカードでは購入することができないのです。

 

 

デビットカードをお勧めしたい方は、クレジットカードを使っていてついついたくさん買いすぎてしまう方などには、クレジットカードよりもデビットカードを活用することをおすすめします。

 

 

デビットカードは、即時決済されるのでクレジットカードのような後からお金を回収するリスクが全く無いというわけです。なのでデビットカードの場合には信用は発生しません。審査もありません。だからデビットカードは発行しやすいわけです。

 

 

デビットカード発行する際には、金融機関の口座開設と同時に発行することができます。だから人によってはクレジットカードよりもデビットカードの選ぶ方が増えています。クレジットカードを発行出来ない方はお勧めですね。特に海外旅行に行く際に、クレジットカードを持っていない方は必至です。

 

 

 

スタンダードカードを探すならこちら!

JCBカード
三井住友VISAカード
セゾンカード
UCカード
セディナカード

 

クレカが作れない人はデビットカードで!

HISワールドキャビットVISAデビットカード

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 目次