クレジットカード 今後はすべてIC型へ!

スポンサーリンク

クレジットカード 2020年までにすべてIC型へ!

クレジットカード各社は、2020年までに国内で販売されているすべてのクレジットカードをICチップ付きに切り替えるそうです。背景として、クレジットカードの不正利用が横行しているんでしょうね。

 

 

50%のシェアも持っているアメリカ最大手のクレジットカード会社VISAは、ICチップを付けることでIC未対応の端末で発生した不正被害を加盟店に負担させる仕組みになります。なので、小売店などの加盟店はカード読み取り機はIC対応型を用意する必要があるようです。

 

 

IC型は偽造が非常に難しいので、今後のクレカ不正被害が減ると良いですね。安心してクレジットカードでの買い物ができることが1番です。

 

 

クレジットカード不正利用の被害額は?

クレジットカードの不正利用の被害額は年々増加傾向になります。日本クレジット協会の調べでは、2012年が65億超、2013年は75億超、2014年は100億円を突破しています。

 

 

今現在利用されているクレジットカードは、磁気ストライプだけ搭載されているクレカが40%、磁気ストライプとICチップが搭載されているクレジットカードは60%なんだそうです。つまり、4割のクレジットカードは不正利用させやすいクレジットカードということになります。

 

 

なので、今後5年間でこの磁気ストライプのみのクレジットカードを廃止し、ICチップ付きのクレジットカードを全面的に進める方針なんだそうです。年に一回のクレカIC化の進捗状況を把握しながら東京オリンピックの2020年までに確実にIC化に切り替えるそうです。

 

 

クレカIC化だけでなく、加盟店のICチップ対応型の読み取り機の普及がカギ!

クレジットカードのIC化が100%となっても、加盟店がICチップ対応の読み取り機を取り入れないと意味がありません。でないと、クレジットカードの不正利用は防げませんからね。

 

 

この対策として、アメリカ最大手のクレジットカードVISAが、2015年10月から不正利用の顧客被害の補償方法を見直し、カード発行会社の負担だった保証費用を店側に負わせる仕組みに変更するそうです。コレによって、加盟店はICチップ対応の読み取り端末に切り替えることを期待する。

 

 

ちなみに、日本を除くアジア圏や欧州・カナダではすでにこの制度を導入しているそうです。日本は遅れていますね。一刻も早く、小売店もICチップ対応の読み取り端末を導入してほしいものです。

 

 

国内で発行されているクレカ2億5千万枚の35%は旧式のクレカ・・・

 

今現在、日本で発行されているクレジットカードは2億5千万枚あるのですが、そのうちの35%はICチップは搭載されていません・・・・旧式のクレジットカードは、カードを識別するデータを読み取りやすいために情報を盗まれて不正利用されやすく非常に危険です。

 

 

盗みとられた情報を偽造データに移植して簡単に本人になりすまして、お買い物ができるんだそうです。怖いですね・・・

 

 

もしクレジットカードにICチップを導入したタイプなら、情報が暗号化されているために不正利用は激減します。高度な技術がないと暗号化を解読することはできないのです。経産省によるとヨーロッパでは、ほぼ100%近いカードはICチップ型されておりアメリカやアジア圏よりも1番進んでいるんだそうですよ。そう考えると、日本はクレジットカード後進国と言えます。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

海外で有利なカード決済を徹底解説します!
海外旅行に行かれる方にとってカード選びは非常に重要です。旅先での支払いできる手段に何を選べば有利にカード決済を する事ができるのでしょうか?
渡航先で現金が必要になったら?
渡航先で現金が追加で必要になった時にも各種カードは役に立ちます。海外プリペイドカードやデビットカードの場合には、 現地の銀行のATMから現金を引き出すことができます。
クレジットカードショッピング決済額の推移
私のイメージでは、クレジットカードが発行されてかなりの時間が経過しているので、クレジットカードショッピング信用供与額の 推移は伸びているイメージはなかったのですが、実際にはどんどん伸びているのが現状だそうです。
クレジットカードはスマホのアプリを有効活用しよう♪
クレジットカードを使用していると、「引き落としはいつだったっけ?」「今何ポイント貯まってる?」 「今月の購入金額はいくら?」などなど・・・クレジットカードの気になる情報がありますよね。
訪日観光客増加にはクレジットカード環境整備が必要!?
訪日の外国人にとって日本ではクレジットカードが使いにくいと感じる方が非常に多いようです。
ギフト用途で普及しているプリペイドカード
最近では、贈呈用としてプリペイドカードを贈る方が増えているようです。プリペイドカードは非常に使い勝手がよく 注目を集めています。
ポイントが貯まる預金口座を徹底解説!
クレジットカードにはポイントサービスが提供されていることは知っている方も多いはず。最近では、 全国の小売店・飲食店でも利用できるポイント制度が銀行サービスにも波及してきました。
モール経由でポイント還元率をUPしよう♪
今後、ますますクレジットカードetcの非現金決済が主流となりそうです。我々消費の現場では 形を変えていろいろなカードサービスが増えています。
クレジットカードを持ちたくない人向けに徹底解説!
クレジットカードを持ちたくない人って以外に多いのも事実。理由はいろいろあるのですが、最近では インターネット通販ではセキュリティ面で不安を感じる方もいるようだ。
ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 目次